出会い系サイトについて

出会い系の年齢確認とは?

投稿日:

年齢確認

質問・疑問

出会い系サイトに登録した後にしなくてはいけない「年齢確認」や「年齢認証」というのはどういうものですか?

出会い系サイトは日本の法律では18歳未満の男女は利用することができません。
そのため、新しく登録した利用者が18歳以上かどうか確認するための手続きが、年齢確認や年齢認証と呼ばれるものです。
出会い系サイトでは年齢確認をクリアしないと、メールで個人情報を知らせたりすることができないので実際に会ったりできませんし、サイトによってはメールを送ることもできなかったりします。
つまり、年齢確認を済ませないと出会い系サイトで出会うことはできません。

出会い系サイトの年齢確認のやり方

年齢確認(年齢認証)というと、いかにも難しそうな印象を受けますが、実際はとても簡単です。

年齢確認のやり方はサイトによって少しずつ違う場合もありますが、大まかにいうと身分証明書による確認と、クレジットカードなどによる確認の2種類があります。

身分証明書を使った年齢確認

このやり方は、健康保険証や運転免許証などの身分証明書の生年月日を確認して、18歳未満でないか確認するものです。

具体的な方法としては、運転免許証などの身分証明書の写真を撮影して、その画像をサイトに送信します。
身分証明書の写真を送ると自分の名前や住所などが知られてしまうのではないかと心配になりますが、名前や住所は年齢認証には不要な情報なので、スタンプやフレームで見えないようにして送っても構いません。

年齢確認のために必要な情報は、身分証明書に書いてある
①証明書の種類 「運転免許証」などの文字
②証明書の発行期間 「○○県公安委員会」などの文字
③生年月日
の3つだけです。
これ以外の、名前、住所、顔写真、登録番号などはすべて消して送りましょう。

クレジットカードを使った年齢認証

クレジットカードは18歳以上でないと持つことができません。
そのため、クレジットカードを使っているという時点で18歳未満ではないということになって、年齢確認が完了するんです。

出会い系サイトの料金をクレジットカードで払おうと考えている方は、クレジットカードの登録をすればそれで年齢確認も終わるので、一石二鳥です。

年齢確認の理由

出会い系サイト規制法(正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」)によると、出会い系サイト事業者は児童(18歳未満の者)が出会い系サイトを利用しないように、上記の2つの方法のいずれかで児童でないことの確認をしなければいけないと定めています。

ですから、日本国内で合法的に出会い系サイトを運営する場合には必ず年齢確認をしなくてはいけないということになります。
もし年齢確認をしなくてもいい出会い系サイトや出会い系アプリがあったとすればそれは違法な出会い系サイトなので、ほぼ悪質出会い系サイトだと考えていいです。
そういうサイトは当然出会えないですし、下手するとお金をだまし取られることになるので、絶対におすすめしません。

出会い系サイトや出会い系アプリで出会うためには年齢確認は避けて通れません。
年齢確認はとても簡単ですし、身分証明書でしっかり名前や住所、写真などを隠して画像送信すれば個人情報が盛れることはないので、安心して年齢確認を済ませて、出会い系サイトを利用してください。

-出会い系サイトについて
-, , ,

Copyright© 出会い系サイトQ&A , 2018 All Rights Reserved.