出会い系サイトについて

出会い系サイトとSNSの違いは何?

更新日:

SNS

質問・疑問

出会い系サイトとSNSはどう違いますか?同じですか?

出会い系サイトとSNSの違い

SNSはソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で、インターネットを通じて社会的なネットワークを作るためのサービスのことです。
簡単にいうと、一人だけではなくて複数の人とのつながりを、インターネットを使ってメッセージのやり取りなどをすることで作っていくためのものです。
SNSの代表的なものとしては、FacebookやGREE、mixiなどがあります。LINEやTwitterもSNSに入るでしょうか。

SNSは主にプロフィール機能、メッセージ送受信機能、ユーザーの相互リンク機能、ブログ機能、タイムライン機能などを備え、それらを使ってユーザーが互いにコミュニケーションを取り、繋がっていきます。

これに対して出会い系サイトは、主に男女の出会いを目的としたWebサイトのことで、主に男女の出会いを目的としている点と、複数の人との広い繋がりを作ろうとしていない点でSNSとは異なります。男女の出会いは1対1のコミュニケーションですからね。

ですが、出会い系サイトには通常SNSと同様にプロフィール機能やメッセージ送受信機能があり、サイトによってはブログ機能やユーザーの相互リンク機能などもあるので、システム的にはSNSにかなり近いものもあります。
特に安全な出会い系サイト一覧で紹介しているワクワクメールなどはプロフィールに友達のリンクが表示されますし、SNSとしてWAKU+が運営されていてこちらではユーザー同士のコミュニティであるサークルもあるので、完全にSNSになっています。

実際、出会い系サイトの女性利用者の中には、出会い系サイトを出会いの場ではなく、日記を公開したり友達を作ってその友達とコミュニケーションを取るための場として利用している人もいるので、そういう人は出会い系サイトをSNSとして利用していると言えます。

ただ、男性の場合出会い系サイト内でのメッセージの送受信はポイントという形でお金がかかるので、単純に友達関係を作るだけのSNSとして利用することは少し難しいと思います。

逆に、SNSで出会い系サイトのように出会いを探せるかというと、それも難しいです。
出会い系サイトを利用している人はほとんどが出会いを求めているので出会い目的のアプローチをした場合高い確率でヒットしますが、SNS利用者は出会いを目的としていないので、アプローチしても無視される可能性が高いです。
そのうえ、出会い目的の行為は規約違反になるのでそのSNSを強制退会になってしまうこともあります。

出会い系サイトとSNSは、システム的にはかなり近いものですが、目的が異なるので、自分の目的に合わせて分けて利用するのがベストです。

-出会い系サイトについて
-,

Copyright© 出会い系サイトQ&A , 2018 All Rights Reserved.